スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクリベンチでグラボが燃えちゃう(´・ω・`)という人は

先に書いたループ再生にチェックでも大方負荷は下がりますがベンチの数値も取りたいよって人はフルスクリーンモードでベンチ回す時にグラボのドライバの方で垂直同期をONにしてみてください。
当然ベンチ数値は落ちますが実ゲームで60fps制限かけた時と同じ程度の負荷になると思うので実際にプレイする際のグラボの負荷や発熱が分かるんじゃないかと思います。

グラボの状態を見る時はGPU-Zとかが便利かなと思ったりします。
私は前も書いた気がシマスがガジェットで常時コレ使ってます。

うちの環境ではfps制限無しで99%GPU温度は67度ほどになっていたのが大体60~90%でGPU温度50~60度ほどまで下がりました。β3で実際プレイしていた時もこのぐらいの負荷だったのでβ4でも大きな差は出ないんじゃないでしょうか。

余談ですがグラボの温度は80度前後までは何の心配もいらないんではないかと思います。
私、昔MSIのGTX260買った時にベンチ回したら最高温度が105度(VRMの温度は135度)になった事があります。
MSIのサポートに問い合わせしたら『問題ないです、仕様です』との返答。
まあ(´・ω・`)さすがにこの温度が続いたら問題ないわけないですが当時プレイしてたネトゲでは70度程度に収まってたのでこれでいいやと使ってました。交換するまで壊れることはなかったです。
さらに言っちゃえばRadeonのHD4870というグラボが昔ありましたが、このグラボのリファレンスモデルはアイドル状態で80度でした。うちのはオリジナルファン仕様でリファより10度低い!というパワカラのモデルでしたが確かに10度低くて70度でした。もっともこのグラボは負荷をかけても80度からさらに温度が上がる事はあまりなかったので爆熱は爆熱だけどせいぜい92度程度までといった感じでした。

その後HD5870に換装し爆熱とは無縁な状態が続きましたが†版FF14ではそんな5870でもウルダハ近郊で常時90%以上、GPU温度も80~90度で久しぶりに燃えちゃうんじゃないか?と思ったりもしました。
今は知らんですがNVIDIAのGPUは以前125度で安全装置が作動するみたいな話を聞きました。
て事は80度や90度なら何の問題もないのだと思います、部屋が暑くなって電気代かかるだけです。
なのでグラボの熱については急に変動した、という事でもない限りあまり神経質になる必要はなさそうです。

β4来るまで私はベンチを回し続けるよ!って事でもしない限りはグラボが逝くって事もなさそーな気がシマス
もっともループ再生にすればfps制限かかって負荷も下がるんだけど。

ベンチをfps制限かけて回してみてグラボの発熱が100度超えるとかじゃなければ実ゲームでも問題ないんじゃないでしょうか。SLIやCFX戦士のグラボの温度は知らんけど。
うちのもパワー足りなくなってきたらSLIにするかなあ(´・ω・`)
関連記事

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ささゆき

Author:ささゆき
-艦隊これくしょん~艦これ~-
Server:ブルネイ泊地
-OS:Win7 64bit
-CPU:Core i7-2600K
-MEM:DDR3-1600 16GB
-VGA:GTX660OC
-SSD:
Game:PlextorM5S 256GB
OS:Intel335-240GB

※業者コメ対策でhttpは禁止ワードにしてます。

SNS

Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ検索
リンク
RSSフィード
CopyRight
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
:艦隊これくしょん-艦これ- Copyright (C)2013-2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
:FinalFantasyXIV
Copyright (C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
:TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.
Copyright ⓒ NHN Corp. All rights reserved.
:The Tower of AION
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
:Perfect World -完美世界-
2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
:RFonlineZ
1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.
2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
:三國志Online
2007 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /2007 KOEI Co., Ltd.  All rights reserved.
:RagnarokOnline
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。