スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらながら

今までSSDいくつか買ってきましたが、どれも黎明期のもので容量も少ない(16~32GB)ので
OS&アプリ用の起動ディスク環境を移すには至らなかったんですが、最近IntelのSSDの価格も
落ち着いてきたんで80GBのものを購入しました。お値段は\20000ほど、安くなったよねえ・・・。

↓はフォーマットしただけのまっさらな状態でのベンチ。
IntelSSD まっさら
数値で見ると今はこれより速いのいくらでもあるんじゃないかと思う、Intelを選んだのは
結局起動用に使う上での安定感。とはいえ当然手持ちのSSDの中では飛びぬけて速い。

↓ある程度整理した起動用ディスクの環境(45GB前後)を丸ごと移してからのベンチ。
IntelSSD OS入り
やっぱけっこう落ちますね。
起動用ディスクをSSDにしたのはメモリある程度積んでいてもAIONやってて人多いとこだと
かなり仮想記憶に読み書きするんでインストールするディスクではなく根本的に
起動ディスク自体をSSDにしないとダメだと思ったのも理由の一つ。

で、実際どの程度変わったかというとOS自体の起動は体感でちょっと速くなったかな?程度。
この辺りはやっぱりVelociRaptor優秀なんでしょう。ただデスクトップを読み込んでからの
各常駐アプリの起動やガジェットの読み込みはモノスゴク速いです、文字通り桁違い。
PhotoShopなどのアプリの起動も速い。

AIONの起動は、というと体感で多少速くなったぐらい。
多人数いるところの読み込みでは明らかに速くなったもののSSDですらガクつきます。
この辺りはグラボも関係あるのかなあ・・・要塞戦で表示そのままだとめちゃくちゃ
重いんですよね。GTX260じゃ力不足なのかな。

ちなみに今SSDやRAM Diskはこんな感じに割り振ってます↓
・起動、ProgramFiles、AIONクラ→IntelSSD
・デスクトップ、ユーザーファイル→MtronSSD
・Tempファイル、ブラウザキャッシュ→RAMDisk
・仕事関連のファイル、PhotoShopなどの仮想記憶→VelociRaptor

仕事関連をVelociRaptorにしてるのは容量の大きな画像ファイルの読み書きを速くする
ということよりもVelociRaptor自体の耐久性に期待してのこと。

AIONのクライアントは・・・言うまでもなくクライアントそのものがゴミなので
とりあえず要塞戦でまともに動作するようにならないと商品としては話になって
いないんじゃないかと思う。前より落ちにくくなったといってもあくまでもそれは
『終始同一種族のみで要塞戦を終えれば』の話であって敵種族と遭遇したり龍族が
攻めてくるとやっぱエラー吐いて落ちる。
色々と不満はあるけど最たるものがそれかなあ・・・要塞戦に参加する気力を最初から
削いでどうする?って感じ。
関連記事

テーマ : AION
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ささゆき

Author:ささゆき
-艦隊これくしょん~艦これ~-
Server:ブルネイ泊地
-OS:Win7 64bit
-CPU:Core i7-2600K
-MEM:DDR3-1600 16GB
-VGA:GTX660OC
-SSD:
Game:PlextorM5S 256GB
OS:Intel335-240GB

※業者コメ対策でhttpは禁止ワードにしてます。

SNS

Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ検索
リンク
RSSフィード
CopyRight
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
:艦隊これくしょん-艦これ- Copyright (C)2013-2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
:FinalFantasyXIV
Copyright (C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
:TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.
Copyright ⓒ NHN Corp. All rights reserved.
:The Tower of AION
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
:Perfect World -完美世界-
2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
:RFonlineZ
1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.
2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
:三國志Online
2007 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /2007 KOEI Co., Ltd.  All rights reserved.
:RagnarokOnline
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。