スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱山マップ各地点のSS:0902改訂

鉱山マップの聖戦における地名呼称はトップ記事に載せてますが、マップだけだと
具体性に欠けるかと思い、各地点のSSを撮ってきたんで貼っておきます。
⊂二二( ^ω^)二⊃
それぞれのSSに簡単な説明つけてみました。
個人の視点によるものなのでどこまで参考になるかは分かりませんが、アク視点と
しては全く的外れってことはないと思います。
※0805初出
※0902改訂:現状を加味してちょっと改訂
読み返してみると現在とはけっこう違う点もありましたね。

枚数多い(47枚)のでのんびり見ていってください。
てゆかこれ全部見る人いるんかな。
↓続く
Aポタ
まず、Aポタ。
出て左がACU、右がAC間や213口方面になります。
指揮から復帰後の行動指示がここを基点に出されることもあります。

A北
A北。
対コラの防衛基点です。
バリの入り口2カ所から突入してCGラインを攻撃する前衛や杖持ちがいたり
範囲フォースの射程に入るとCGラインが一気に焼かれるので前衛は奥に突っ込んで
攪乱する役と手前でフォースの射程を牽制する役が必要ではないかと思います。

コラがA北前に集合していても突撃してくる気配が薄い場合、ACU直下~A北寄りへの
突撃ボム→一気に削りという作戦を取る場合が多い。また、コラ全軍数に対してA北での
圧力が薄い場合、主力勢がポタ経由でACUを急襲する場合もあり。


A西
A西。
対ベラの防衛基点です。
ここもバリ入り口は2カ所ありますが、ベラの侵攻はACUから見て右側の入り口が
多用されているようです。バリ内で戦うことの多いA北と違い、A西ではバリ外での
戦闘が多い気がします。
逆にバリ内に突撃された場合、アク側は未だA西内での防衛布陣がないため
戦闘はACU周辺まで伸びますのでバリ付近で守るかACUまで突撃した高火力を迅速に
排除するか指揮指示が無くても自分で判断して迅速に行動すること。


Aポタ方面
Aポタ方面。
AC間より213口、アクポタ側へ向かう岐路。
コラが侵攻してくる場合高火力の別働がポタ側を通って攪乱やACU急襲を狙って
くることがあります、指揮によってはAC間~A北を囮にポタ側へ本隊を向けることもあります。

213口
213口。
最近はアクの別働隊の集合地点指定されることが多い場所。
人数が多い場合はここで戦力を温存し、AC間からCCUなり、A北に攻めるコラの背面を
取るなりといった行動が可能です。
ただ、ここへの集合指示に対して行動が遅い場合が多々あり、それで状況が後手に
なっている事が多いので移動指示が出た時は迅速に行動しましょう。

AC間
AC間。
アクCCU攻め及びコラACU攻め時に一時待機場所となることが多い要所。
またCCUからの後退時にもこの場所を指示されることが多いです、C南からのルートは
次に書く高台を経由するルートと東口前を経由するルートがあります。


AC間横の窪み
AC間の窪み。
リトルレジュが湧いてます、アクはクエで来ることはまずないと思いますが。
CCU奇襲用のPTをここで待機させたりもしましたが、レーダー多用されるとつらい。

高台
高台。
AC間からC南へ侵攻する時にほぼ自然に経由する場所。
ここを経由するためにC南での戦力展開が右側に偏ることになります。

東口前
東口前。
C南への侵攻時には遠回りのためほぼ使われず、どちらかというと
コラ側が侵攻する際にここに進んでから東口内に入るかAC間へ振るかを決める
場所かもしれません。
アクが使っていないからこそ、利用価値を見出すべき場所じゃないかなあと思います。

東口
東口。
主にコラの動向を探る場合にチェックすべき場所。
また、アクがC南に攻め込み膠着状態になった場合コラが北東坂から北東口経由で
この東口よりアクの側面&背面を突くかACUへの特攻及び攪乱を行うことがあります。


C南
C南。
CCU攻めの要所であり、コラ側の対アク&ベラ防衛基点。アクが攻め込む場合
高台を経由するのでCGラインを含めた戦力の展開が右に偏るため、バリの
左口からコラが突出してくるのを抑えることが出来ていません。
これはC南バリ内CCU周辺においても同じく右に偏り、コラの防衛を左右展開させて
CCU南側からじわじわと潰されることが多いため、防衛攪乱を狙う人はCCU南~西にも
注意してみてください。


CCU周辺
CCU周辺南側から。
CCU周辺は左右に広い地形のため、防衛ボムに対しての退避行動は着弾点が
CCU直下からやや南側になることが多いので真っ直ぐC南に下がるよりも左右に
逃げた方が避けられる確率は高いです。左右地形は↓以下に。

CCU東側
CCU東側。
CCU東側にはこのようにちょっとした広場があります。ボム投下時の退避行動はここに
行くのが早いのですが、Cポタからバリの導線があるのでCCU周囲のコラ追撃と
ポタ復帰の部隊に潰されないように注意してください。

CCU西側
CCU西側。
CCUの西側、というか南西側はけっこう深く東口の真上近くまであります。
ボムから退避する際、CCU周囲の西側にいた場合はこちらへ退避した方が早いです。
ここはコラが防衛から特攻に転じる際に使ったり、防衛時にもある程度人を集められるため
ここを基点に集合しCCU南側の敵を押し込んだりします。
またベラがボム回避に使うのはこことCCU北西、コラがボムをここに落とした前例もあります。

CCU北西の窪み
CCUの北西、北東坂バリ手前にこんな窪みがあります。
タゲ切りや一時退避時に使えるかもしれませんが、あんま現実的じゃないっすな
CCUでのベラ排除指示でC坂まで押した場合、ここにベラが数名隠れていることがあります。

北東坂(C坂)
北東坂、別称C坂。
ベラのCCU攻め要所ですが、極端に見上げる形になるため視界が悪く
防衛陣の後方も見通せないため戦闘が膠着状態になると不利な気がします。
最近は知らんけどアクも北口or北東口経由でここから攻め込んだりしましたね。
レーダーや偵察情報ではベラの侵攻具合を計るためにここの情報がコールされます。

北東坂下
北東坂下。
旧鯖の時の経験ではベラが北ルート及び北口、北東口を経由してここで一度待機、
展開し北東坂からコラの迎撃を様子見しつつ北東口に退避、T字で集合し一気に
ACU攻めにチェンジするか東口からC南を経由してアクと合流するなどの展開に
使っていました。

北東口
北東口。
ベラが螺旋中腹から、コラが螺旋中腹へとアクセスできる要所の一つです。
コラはダイレクトに最下層へアクセスできる北口を多用するため、北東口に集合している場合は
ドーナツを経由して螺旋中腹からACUかBCU、どちらかへ別働牽制をする意味合いが強いです。
ベラがT字集合をフェイントに螺旋降下~中腹から北東口経由でCCU攻めのルートを使う事も
あります。

ドーナツ
螺旋中腹にある通称『ドーナツ』。
偵察が利用することが多いんじゃないでしょうか。
K視点にするとわりと色々見えます。以前はアクでもここを利用した作戦があったりしました。
中腹でベラとかち合った場合、ドーナツを経由して北東口へという指示がありますが
この時はベラとの交戦を避け、可能な限り戦力を温存しておかないと北東口から次への
行動が取れませんのでベラが攻撃してきたとしても移動を優先してください。


螺旋中腹
螺旋中腹。
主に侵攻具合を計る目安になるチェックポイントで螺旋下からの後退時にも
判断の目安になります。ここまで自軍が退いていたらT字まで下がった方が無難です。
ここからT字まで退く間に後衛職が潰されることが多いので注意。

螺旋下
螺旋下。
アクにとってはBCU侵攻とチップ伝達、KP戦などで抑えるべき要所の一つ。
KP戦などではまっすぐ中央前に向かうことが多いのですが、ここは北口と南西口からの
流れを受ける左右の幅が非常に広いので主に左側面(北口側)からの別働奇襲に注意し
態勢不利な場合は南西へ抜けるルートも考えつつ動いてみてください。
また、対ベラKP防衛戦ではここが最初の防衛要所になりますが西口扉部分での攻防は
互いの火力が狭い出入り口に集中するため、ストは範囲フォースに注意。
突破してくるベラには後方の人がグレネで聖バフをはがし集中砲火で排除狙いましょう。


中央前
中央前。
KP戦での要所で戦力がある場合はここに展開し、後方のS字に突入されることを防ぎます。
反面、三方向に開いた地形のため攻防のバランスが崩れると一気に壊滅する恐れも
あるので無理をせず、S字に後退することも重要です。
バフのかけ直しやゲージ回復など調子を整えて戦線を維持しつつ、復帰組のサポートを。


S字
S字。
言うまでもなくKP戦の最重要地点。
タゲの切り方やCG展開の位置など覚えるべきコツがいっぱいあるんで人に聞いたり
自分で体感しながら動き方を考えてください。狭い場所なので盾職が後退するときに
CGラインを範囲フォースに巻き込むことがよくあります。
また、S字一段目はバグで範囲フォースが届くためそれを狙った攻撃が基本になってます。
前衛でも調子にのって突出しすぎると火力を集中されて死亡することが多々ありますので
慎重に。ベラはS字の各バリ穴部に機甲を乗り捨て、それが回収されるまでオブジェクトと
して存在する点を利用して高火力が捨て機甲内部に潜り込みタゲりにくいようにして
押し込んできます。
白茶でキャラ名を指示し、火力集中ですぐに排除することを意識しましょう。
バリ全般に言えますがストは位置取りに注意。


北口内
北口内。
主に対コラのKP防衛戦でチェックする場所。
ここを経由して中央前に左右から攻め込んでくることが多いんですが、アク側は
螺旋下方面(S字防衛側から見て右側)に注意を割かれる事が多いため、左側から
高火力部隊が背面狙ってきます。中央前がら空きでそのままS字に突入される事も
多いので要注意。


北口外
北口外。
北ルート経由でベラが一時待機に使い、行動分岐を決める場所。
またコラがBCU攻めの時にここを終結地点に使い、状況次第でB東へと進軍します。
KP戦ではコラもここである程度人数を集めて突っ込んでくるのでこちらの人数に
余裕がある場合はチェックして先に潰しておいた方が無難。

ハラム口
ハラム口。
コラ中立のハラムにアクセスする場所であり、コラが別働や奇策でここからBCUを
攻めるor北口~T字経由でACU奇襲などに使う。
C坂からベラを追撃した場合もここに逃げ込むことが多々あります。

BC間
BC間。
G鯖ではどう扱われてるのか不明。コラのBCU攻め侵攻具合を計るポイントか。
ここから坂を経由してB東バリに行くのでたぶん待機場所になってんじゃないかと
思うんだけど。

B東
B東。
BCU周辺を見下ろす高台でこのバリ内は広く左右に展開する。
Bポタから見て左側に展開し、BCU北に侵攻するコラの背面を突くなんてのもあるかも。
アクは別働か奇策じゃないと縁がない場所だけど、ここを使った作戦も過去にあります。
また、BCUでの排除ボムはアクの後退を踏まえてBCU~B南の中間点にも落とすことが
あるためボム回避にB東を利用するのも手ではあります。

B南
B南。
BCU攻めの要所でありベラの対アク防衛基点、ただしBCU周辺は縦に長いため
このバリは目安程度で戦闘は主にこのバリ内で展開される。
アク側は見上げる形になるため視界が悪く、思い切って突撃しないと押し切れない場合が
多いので盾前衛はある程度まとまって一気に視界がひらける位置まで進軍し、後衛は
それに続いて進軍、戦線構築する必要があります。

B南バリ内に突入したらベラの戦力展開をよく見ること。
アク側から見てBポタがある左側に機甲などの戦力が寄りがちになりますが
単騎でキル取れる高火力PCは中央に来ることが多いです。
ここからBCUは思いのほか遠いので前に出すぎて孤立しないように。
左右展開している場合も押し込んで後退させるとポタへ向かって下がるので
左側に残存戦力が集中します、右から包むように侵攻するか左から真っ直ぐに
押し込むか状況を見て各自判断をしてみてください。


Bポタ裏出口
Bポタ裏出口。
B南の戦闘ではベラがここを経由して背面襲撃を狙ってきます、またBCUが攻められて
いる場合はここから別働を出したり、アクのB南後退を読んで先に戦力展開している場合も
あります。

AB間
フェンスバリ。
B南の手前、BポタとB南に分岐する地点でBCU攻めから後退する場合は
ここを後退限界として戦線維持し、フェンスで集合した部隊と合流します。


フェンス
フェンス。
BCU攻めの時に後続待機として指定される場所。
ここへの集合、およびここからの突撃にはマントの使用を指示される場合が多いので
それを心がけておくこと。また集合中にベラの襲撃を受けた場合は南西分岐に退きつつ
指揮に従って帰還あるいは指定地への集合を。
盾前衛はソルスルートへ敵戦力を誘導するのも手かもしれませんね。

ソルス口
ソルス口。
最近は利用されることはないが、以前ここで聖戦開始前に全軍待機し
開始と同時にBCU攻めをしたことがあった。
現在でも部隊運用が確立すれば利用価値は十分にあると思います。

西口
西口。
螺旋下から通路を経てBCU側へ抜けた出口。
BCU攻めの前進、後退指示で目安とされ、また対ベラKP防衛戦で追撃限界の目安にもなる。
追撃を受けた場合、ベラは左右にも展開して後衛を狙ってきますので注意。

南西バリ
南西分岐。
南西口付近のBCU側バリ。
ベラの侵攻情報の目安になる偵察&チェックポイント。
ここに集結してBCUに侵攻するか南西口から最下層を経由して北口へ抜け北ルートから
BCUまたはCCUへの突撃をする場合があります。

南西口外
南西口外。
対コラKP殲滅戦で重要になるルート。T字や螺旋経由はコラに抑えられている
可能性が高いため南西口を経由して中央前正面に抜けるルートが多用される。が、逆に
読まれやすく対処されやすい欠点でもあるので、行動は可能な限り多数が集合した上で
制圧することを考えたい。
他種族に抑えられている場合はフェンス経由で螺旋下、もしくはACUに戻ってT字ルートを
取るのも手です。


南西口内
南西口内。
見ての通り中央前の真正面なのでここを抜けてからどう動くかが重要。
左右、正面どう動くにしても人数が散りやすいので各個撃破されないように注意。
後退する場合は一気に南西口外まで出た方が無難。

廃坑西口
廃坑西口。
BCU攻めのルート、あるいはベラ追撃限界の目安。

廃坑西口奥
廃坑西口奥。
全軍規模で集結、待機できそうな広場がある。
アクが利用することはまずないが、過去ここを待機場所に使ったことはある。

廃坑東口
廃坑東口。
開始前~直後からベラがACU攻めに動いた場合、ここを抑えてから廃坑西口まで追撃
そのままBCU攻めになることが多い気がします。
この画像から手前右側の斜面は利用できるようでベラはこの出口を広く使う。
またベラはここに集結し、アクの動きを誘っておいて南口へ移動~T字を経由してCCU攻め
アクがそのまま追撃で誘われACUが手薄になった場合は東口からAC間へ移動しマントで
一気にA北へと攻め込んでくるパターンが増えた。

南口外
南口外。
T字集結指示やKP戦等々使うことの多い通路。ただし天井にある配管のオブジェが
クリック移動のジャマになる事があるので注意。
爆破罠が仕掛けられていることもあるので通過の際は盾を持っていた方が無難。

南口内
南口内。
これら坑道内部出入り口には大きな扉があるため、『扉まで後退』という形で
指示されることもある。T字での交戦で劣勢になり後退する場合はここが
戦線維持限界となるので、その際の集合指示は南口外となる事が多い。

T字
T字。
3種族共通で重要な偵察の一大要所。
ここを制圧待機し、東口経由でCCU螺旋を降りてBCU、螺旋中腹から北東口へ抜けて
CCUなど戦力に余裕があれば様々な作戦に使える。
どの種族もここには偵察をおく場合が多いので最近はT字偵察の視界に入る位置での
集合を避ける場合が多いようです、逆に言えば偵察視界内での行動はフェイントに
使えるともいえますね。
ここの動向は逐次偵察報告されるので各自で偵察情報のログには気を配ってすぐ
対応できるようになるといいですね。


T字奥
T字奥。
T字から坑道内部へ向かって右に行くと螺旋、左に行くと突き当たりは行き止まりに
なっている。螺旋も見えると思うので視野が確保できていれば偵察に便利かもしれない。
旧鯖の頃はレーダーが存在しなかったためここを使った作戦もあった。

東口内
東口内。
大体T字でコラと交戦、追撃する場合の限界目安。ここを超える場合は
そのままCCU攻めになることが多い。ここで交戦すること自体稀ではあるけど
CCU陥落後チップ伝達者を妨害する目的でコラが先回りしていることがあるため
先行出来る人はここを確認し、コラがいたら妨害排除することが望ましい。


おまけ。
障害物
こうした障害物を使って敵のタゲを切ったり、時間稼いだりすることができます。
多くはないですが上手く利用できればけっこう効果ありますね。

※注意
ACUにのみあって、BCUやCCUにないもの。それがこの障害物です。
ACU周辺障害物01
具体的にはAポタからACUに降りた場合、右手にトラック、そこからさらにA北側に樹木。
ACU周辺障害物02
A西側右サイドとA西バリ付近に樹木。敵はこれらを使ってタゲ切りしてきます。
スペさんはこの周囲にいる場合、敵が障害物の周りをぐるぐる回れないように早めに足止め
してもらえれば排除も楽になるかと思われます。
もちろんこちら側からも有効に利用しましょう。


そしてマップには書かれている
両替商?
両替商。
誰もいませんが。
関連記事

テーマ : RF online Z
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鉱山map解説

ささゆきおにぃちゃんが鉱山mapの解説をしてくれてまし 各地名称など聖戦中に飛び交う用語が分からない子は100回読んどけ

コメントの投稿

非公開コメント

トラバッチャうモンね!

+。∴゚ヽ(*´∀`)ノ゚∴。+

あんたすごいっす♪
感動しますた!

>はんたーちゃん
鉱山マップ見てくれてる人から各地点の説明も欲しいと言われたので
作ってみました(´・ω・`)ノ

GJです

>わいるずさん
コメつけてくれたおかげでこの記事の存在を思い出し、改訂入れることが
できました(=´ω`)アリガトーウ
聖戦ん時のあんたはかっこいいよっ+。∴゚ヽ(*´∀`)ノ゚∴。+

全部読み直したよ!w
ためになります('∀`)

言葉もでないくらい感動しました。
いつもありがとうです(`・ω・´)ゞ 


さささん、素敵過ぎ(*´∀`*)

勉強になりました(゚ー゚*)

>ぜっつん
ありがとう(=´ω`)ありがとう

>さくさん、そらさん
こちらこそ(=´ω`)いつも本当にありがとう

この記事作ったの去年の5月だけど読み返すと意外に今と違うことに
気づきます。
プロフィール

ささゆき

Author:ささゆき
-艦隊これくしょん~艦これ~-
Server:ブルネイ泊地
-OS:Win7 64bit
-CPU:Core i7-2600K
-MEM:DDR3-1600 16GB
-VGA:GTX660OC
-SSD:
Game:PlextorM5S 256GB
OS:Intel335-240GB

※業者コメ対策でhttpは禁止ワードにしてます。

SNS

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ検索
リンク
RSSフィード
CopyRight
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
:艦隊これくしょん-艦これ- Copyright (C)2013-2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
:FinalFantasyXIV
Copyright (C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
:TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.
Copyright ⓒ NHN Corp. All rights reserved.
:The Tower of AION
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
:Perfect World -完美世界-
2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
:RFonlineZ
1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.
2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
:三國志Online
2007 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /2007 KOEI Co., Ltd.  All rights reserved.
:RagnarokOnline
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。