スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱山の常識(´・ω・`)非常識

昨日言われたこと。
『指揮とか偵察で座標名とか固有地名みたいの言われても分かんない』
ちなみに言ったのはβからやってて現在のように偵察と指揮で聖戦が
展開される以前にまめに出てた人。

コラの動きは集団であっても各自が『指示を理解して』いるとは
言いがたい気がする、一つに行動指示に対して明確にどこと分かって
いなくても『みんなが行く方に行けばいいか』的な行動で済んじゃう。

慣れている人はどの辺りにアクなりベラなりがどの程度の人数いたら
それが本隊か別働隊か、進軍するタイミングはいつかなどの見当が
つくとは思うけどほとんどの人には無理。
その一番稚拙な例が『コラはよく釣れる』ってアレ。

で鉱山回ってSS撮ってきました。
モノスゴク長く画像が多いので『各地点の名称や役割なんか分かってる』と
いう人はこの先を見る必要はありません。

HP減ってるSSがたまにありますがその辺はお察しください。
コラポタ(CPT)からぐるっと回ります、呼称は3鯖コラでのもの。
まずB坂下
B坂下
北ルートからの進軍に対する防衛地点の目安であり、ベラが
集結地点とする場合も多い。ベラ本隊以外にも偵察潰しのベラ別働隊が
よくいたりしますね。
北東口
北東口、ベラがCCU攻め時にT字から後退し、ここを集結基点と
したり逆にB坂下から撤退するルートに使う。
P8
P8地点、北ルート偵察がベラ進軍報告の目安とする地点。
O8
O8地点、P8の手前で同じく偵察がベラ進軍の目安とする地点。
コラが北ルートを使用する際にM8か北口かで選択する際に指示地点に
することもある。ベラが集結地点にすることも多い。
北口
北口、O8の左横にありコラが伝達や封鎖解除戦で使用する事が多い。
最下層にアクセスする坑道では最短?
M8
M8地点、コラがBCU攻め時に集結地点とする場所。
定番すぎて書く事がないけどここからK9に至る短い坂がベラ防衛との
戦線になる場合が多い、コラ視点では上り坂である上に障害物があり
視界が悪い。
K9
指定地点にする指揮官は多くはないがM8とBCU攻め最終集結地点になる
I10の中間に位置する。左右が狭く迎撃にも向いているが、どっちかと
言うと機甲で一気に押されたり回避型のDebufferが突入してきたりで
後退せざるをえなくなることが多い。
I10
I10地点、BCU攻め時の集結指定ではM8と並び定番。
ただ地点としては左右に開けており防衛に挟撃されて後退したり、
攻める時に左右展開しすぎて各個撃破されやすいので進軍時には
左右翼指定することがほとんど。
ここから進軍した際、右翼側にベラポタ(BPT)があるのでバフ復帰や
機甲の乗り換えなどでベラは各個右翼に退く場合が多い。
F-G坂
F-G坂、指定地点としては分かりにくいBCU手前の坂、西口から攻める時に
進軍指定に使われる。指示によってはBCUへのタッチダウンをせずに
F-G坂制圧重視の場合もある。
西口
西口、坑道ルートでBCUを攻める場合の指定地点。I10集結の部隊と
並行して指定されることもある。
BPT裏口
BPTの裏側?BPT出口はBCU側へ開けた方(よくBPT封鎖する時に行くとこ)と
裏口の2つがあり西口からF坂へ攻め込んだ時に、この裏口から機甲や
Debufferに背後を突かれる事がある。
D17
D17地点、コラではほとんど使用されないベラ側南ルート。
木が目安になるので後述する駐車場とこちらの2つのルートを指定する
場合に使われることもある…かもしれない。
駐車場
駐車場と呼ばれる地点、偵察ではここの状況もよく流される。
ベラがACU攻め?あるいはアクがBCU攻めの場合に集結指定される地点、
また進軍ルートとして指定される場合も多い。
南西口
南西口、進軍ルートよりも別働や偵察でよく使われる?
ベラ南ルート経由でBCU、洞窟経由でACUと行けるので活用できれば
面白い展開もありえる。以前アガシ氏の作戦で使用した時にはアクベラ
各陣の偵察、別働がよく見られた。
南洞窟ベラ側
南洞窟ベラ側。
南洞窟アク側
南洞窟アク側、ベラがACU攻める時にはここを使う事も多いのかな。
南口
南口、コラベラがT字経由でACU攻め時に使用する。
なぜかコラは南口経由でACUに攻めた際、南口に後退という指示が出ない
場合が多く全滅することがよくある。
T字
T字、かつてベラが大好きだった地点。今は各種族ここを押さえる
事も多いが、ベラはすでにT字を進軍過程の一地点と見てここを基点に
各坑道ルートを多彩に使った展開に至っている。
T字その2
T字を上から見たとこ。
T字左奥
T字から螺旋側へ出るには右へ行くわけですが、実は左側もけっこう
奥までいけます。別働の潜伏や螺旋へ囮を流すなどにも使えるかも
しれないけど南口扉から丸見えだろうか。
螺旋中腹
螺旋中腹、北東口から合流する地点。
戦闘規模にもよるがある程度の規模で使用すれば進軍ルートの寸断など
にも使える…かもしれない。後退時にも意外に使いやすかったりする。
螺旋下
螺旋下。西口扉はすぐ目の前なので誰でも分かるが、北口と南西口は
意外に知らない人も多い。
南西口扉
南西口扉、コラにとってはあまり使用する機会のない坑道。
ただし先にも書いた通り南西口経由でACU、BCUどちらにもアクセスが
可能なため、ここを使った作戦も悪くないと思う。
北口扉
北口扉、最下層からBCU北ルートへアクセスできる。
コラはT字~螺旋と来ると西口を使う場合がほとんどなので指定機会は
これまであまりない。
堀場前
言うまでもない堀場前、堀場前>堀場通路>パパ部屋と封鎖戦で
よく呼称される。封鎖解除戦ではここを制圧するため北口から突入し、
螺旋下~堀場前を制圧する右回りとまず堀場前を制圧する左回りがある。
アクベラがきっちり北口扉前で待ってて全滅する事もよくある。
堀場前その2
堀場前から見た各扉位置。
東口
東口、コラには一番馴染み深い坑道。アクへの牽制や進軍してきたベラを排除したり
CCUからT字に向かう場合に使われる。
坑道内に入ると背後が南ルートのため油断していると背後を突かれる
可能性も高い。
A丘
通称A丘、アクがCCU攻めの際に進軍集結する地点。
いつも思うんですが、なぜA坂下からではなく丘からなんだろう。
やっぱり上りで視界が悪いのを嫌っての判断なんだろか。
逆にベラはA坂下からの進軍が多い、坂道慣れしてるんだろうか。
T15
T15地点、コラのACU攻め時によく指定される地点。
ですが、実のところアクがCCU攻め時及び牽制に集結するのがここ。
コラ視点で上り坂なので若干視界が悪い。
S17
S17地点、コラがACU攻め時にT15集合指示に対して実際は
このS17付近に集まる事が多い。木が目印になるからだろうか。
またACUからの後退時にも後続合流との目安になるのがここ。
ボトルネック
ボトルネック。何故か人によっては『ボルトネック』と言われますがボトルネックです。
指揮官によっては『BN(BottleNeck)』と略します。
ACU攻めで最も多用される指定地点。
左右が狭くここにシージラインを形成されると突破指示虚しく全滅も
ありえます。
ACU左翼
ACU左翼。手前に見える車両背後によくスタン銃使い、グレネDebuffer、ストライカーが
陣取り、地形を利用して中央のコラ陣を無力化してきます。また左翼の
左奥がアクポタ(APT)からの出口なのでACU左翼は陣が厚くなる。
ACU右翼
ACU右翼。手前の大樹裏側に左翼の車両と同じくスタン、Debuffer
ストライカーがいることが多い。ベラがACUに張り付く場合はこちら側で
さらに奥にベラ迎撃のアクストがいたりします。
APT-T15側
APT-T15側。CCU方向に開いたAPT出口、実際見てないんで分からないけど
アクがT15に集合したり、A丘から一時後退する場合に使用されるんでは
ないかと。

と、こんな感じです。
各SSに自分視点で思ったことを添えてみました。
あくまでもコラ視点なのでアクベラからすると『そんな使い方してない』
という事もあるかと思うのでその辺はコメントででもよろすく。
関連記事

テーマ : RF online Z
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ベラ視点のルート

むかーーーーーーーーーし誰かが作ってあったんたんだけど、閉鎖するのでソース残すから誰かやってくれとアーカイブして残されていたソースを、新たにオイラがアップしたヤツ。基本的にそのまま。微修正のみ。
だから、半年以上前の話。懐かしい名前が出てくる。ボトルネックの名称入れと、白鶺鴒さんのブログへのリンクだけ、オイラが追加修正。
白鶺鴒さんの復帰は7月と聞いているのだが、どうなるのだろう・・・・・
種族が違うと視点が違うから、比べると面白いかも。
今となっては、偵察ポイントも固定(死体観測ほか)、作戦もほぼ定石の使い回し。そんな感じで奇襲なんて考えられない。秘密も何にも無し。
新人さんに、略語、名称を教えるためのツールとなってます('A`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

参考になります

β時代にやってて、最近課金した者です。
復帰後、聖戦に何度か参加してますが、固有地名みたいなものは全然わかりませんでした。”みんなが行くから付いて行こう~”といった感じでしたが、これは参考になりました。今後は迷わなくてすみそうです(´∀`*)

>β復帰者さん
(´ω`)b そう言って頂けると撮ってきた甲斐があります。
プロフィール

ささゆき

Author:ささゆき
-艦隊これくしょん~艦これ~-
Server:ブルネイ泊地
-OS:Win7 64bit
-CPU:Core i7-2600K
-MEM:DDR3-1600 16GB
-VGA:GTX660OC
-SSD:
Game:PlextorM5S 256GB
OS:Intel335-240GB

※業者コメ対策でhttpは禁止ワードにしてます。

SNS

Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ検索
リンク
RSSフィード
CopyRight
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
:艦隊これくしょん-艦これ- Copyright (C)2013-2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
:FinalFantasyXIV
Copyright (C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
:TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.
Copyright ⓒ NHN Corp. All rights reserved.
:The Tower of AION
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
:Perfect World -完美世界-
2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
:RFonlineZ
1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.
2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
:三國志Online
2007 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /2007 KOEI Co., Ltd.  All rights reserved.
:RagnarokOnline
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。