07/30のツイートまとめ

sasayuki33

そういや確かにイフリートのエラプションは地面に表示される範囲よりちょっと広めに避けないと当たりましたね(´・ω・`)あれはうちの子がララフェルだったからか #ff14
07-30 00:02

これを読むと調整されたβ4でどのように変化を感じるのか今から楽しみであります(=´ω`) http://t.co/vtTJrGEpJc #ff14
07-30 00:05

マウスパッドなのですよ

MMOをプレイしてる人の中にはマウスパッドなんて使ってないっす(´・ω・`)って人もけっこういると思います。
私はMac使ってた頃にあまりに滑りが悪くてエアパッド使い始めてからはずっと使用してます。
WinPCでも最初はエアパッド使ってたけど滑走面がハゲやすいんで他にいいのないかなーと適当に買ったのが
Dharmaの布パッドでこれはけっこう使いやすくて長い間使ってましたがやっぱ滑走面がハゲたので次に
今使ってるDRTCPW25RSを買いました。

コレは滑走面に関してはスゴク気に入ってます、布ではなく樹脂かな。んでもゲームで使うには裏面のグリップが弱いのが難点です、普段使いには全く問題ないんだけど縁をかがり縫いしてあるせいかなーもっと大きいサイズならズレにくいのかもしれません。
他に適当なのないかなーと検索しててArtisanの飛燕が興味引いたので飛燕VEのSサイズ買ってみました。
使ってみた感想としてはよく滑るし使いやすいとは思います、でもね(´・ω・`)私の環境は机上が狭いのでマウスパッドは縦長で使うんですよ。んで飛燕て横長で使った際に←→方向はよく滑るんだけど↑↓方向は少し抵抗がある滑走面になってました。これを縦長で使うと←→方向に動かすたびにカリカリ引っかかって非常に使いにくい。加えて布巻ケーブルだとパッド縁部分の処理が粗いのでそこに布が引っかかってガリガリいいます。
正直使ってらんないです。

というわけでDRTCPW25RSに戻しました(´・ω・`)もうSteelSeriesのQckmini買えばいいんじゃね?って気がしますが今度は懲りずにArtisanの零VEを買ってみます。後日感想書きますよ(=´ω`)
それでダメならQckminiとGoliathusでも買ってみようかな。

FPSとかやんないので使用感はシビアに求める気も無いし滑走面はDRTCPW25RSで満足してるんですよね。
飛燕VEも感触は良く、底面も滑りにくかったんですが横長でしか使えないのがな(´・ω・`)検索してみるとArtisanのパッドはあまり長持ちしないみたいなのを見かけますがどうなんでしょうねー。

DHARMAPOINT TACTICALPAD ラフ DRTCPW25RS
CRUST (2011-11-25)
売り上げランキング: 35,954

ARTISAN 飛燕 VE ジャパン・ブラックS HI-VE-JB-S
ARTISAN
売り上げランキング: 2,485

SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005
SteelSeries
売り上げランキング: 120


テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

G600r使ってまーす(´・ω・`)

G600rの交換品も届いたのでサイドボタンの操作感に慣れるためにAIONやってます。
クリゲーUIとしてかなりな完成度でFF14よりも(タブン)スキル操作は忙しそうなのでLv50までは無料という事もあってちょうどいいかなと思いまして(=´ω`)今3日目ぐらいですかねー正直操作自体は慣れてきたかなと思ったりするんですがこの背の高さ(というよりも尻の高さ)が非常にキツいです。
手のひらが足りないんで尻を押しちゃって頭(ケーブル側)が上がるんですよ。
サイドボタンは慣れてくると予想通りNagaより押しやすい感じで誤爆も減ってきました、Gシフトは焦るとやっぱ誤爆するけど扱いに慣れれば指の置き方も変わってくるので思ったよりも使えるなと感じます。

Gシフト含めた左右クリックの軽さも慣れれば問題なさそうではありますが、とにかくこのデカい尻が!尻がっ!
まあサイドボタンの大きさなどからこういう切り落とし型の尻にせざるをえなかったんだろうけど(´・ω・`)
持ち方は元々かぶせ持ちだったので問題なかったです、ただ薬指がGシフトに置くのでサイドを押さえるのは小指だけになります。そのためサイドボタンを押す時には手のひらで軽く本体を押さえながら親指と小指でマウスをはさむような感覚で押してやればわりとすんなり押せる感じですね。

AIONやってる分にはベンリダナーと思いますけどFF14はG500でも何とかなってたんで取り回しの楽なG700の方を使うかもしんないっすねー。G600はロジの交換保証の迅速さを知る事が出来ただけでも良かったかなとか(´・ω・`)
と言いつつ使うかもしんないけど。G700が良すぎるんだよな(´・ω・`)

FF14においてのG600の使い勝手に関してはあちこちで書かれてるしこんなページもあるので参考にしてます。
んで今使いつつ試行錯誤してるのがDPI(感度)設定で、以前載せたように今まで1800DPIでプレイしてましたがAIONの知り合いが6000DPIで使ってると言うので試してみたところポインタがぶっ飛びすぎて扱いにくい、ひとまず3600程度に落としてしばらく使った後で1800に戻したら今度はポインタが遅すぎてヤバイという悲しい事態に。
結局使いやすい設定にするのが一番なんだろうけど3600DPIに慣れると1800DPIでは手の移動が大きいのでやっぱり高めの設定のがいいのかなあと悩んだり、この辺りはFF14が始まっても悩んでそうですなー(´・ω・`)

※参考までに私の手は右手で
親指4.5cm
人差し指6.3cm
中指6.5cm
薬指6.3cm
小指4.6cm
手のひら縦(手首から中指付け根まで)8cm、横(四指分)6.5cm
って感じです、なので手が小さい人でもG600が扱えないって事はないと思います。

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

新生FF14て面白くなりそうなの?

新生ちゃんβプレイしてると言うと必ず言われるのが↑タイトル
初期FF14(いわゆる†版)の悪印象がどんだけ澱み残っているのか痛感する。
FF11が何だかんだと言われつつも黎明期の国内MMOでは大成功した作品だっただけに†FF14の失敗っぷりはプレイしてなかった人にも『オンゲのFF=大失敗』なイメージを植え付けてしまったと思う。
だからこそあんだけヒドイ出来のFF14を『作り直します』と聞いた時にはその責を負う立場に就任した吉田Pはどんだけ叩かれるか分からんのに頭おかしいんじゃないかと思った。

何度も書いてる通り私自身は†版でやめてるので吉田P版(いわゆる根性版)のFF14は経験していない。
ブログ巡りして見ている範囲では定着していたプレイヤーの評判は悪くなかった。
というよりも†版に比べたら雲泥の差があったように書かれる人が多い。
個人的に†版のどこがダメでやめたかというとUIやら何やらと1から10まで色々ありますが1つだけ挙げるなら『英語まみれだった』事がトドメをさした感じです、ムービーが英語なのを始めとしてインターナショナル鯖ゆえにシャウトも白茶も全部英語でPT組んでも全部外人、自分のクエ終われば無言抜け。
会話が出来ない事がこれほど苦痛だとは思わなかった。
アホか楽天か日本人プレイヤーなんてホントにいるのか?ってぐらい日本語見なかった。
新生でもID参加する時にCFで外人と組む事がそこそこあったとはいえ翻訳定型文などでコミュニケーション取ってくれる人が多くて全然感触が違った。

まあ(´・ω・`)あの状態の†版を生き抜いて根性版に至った人らなので採点が甘めであろうという点を差し引いても、だからこそ『根性版は面白かった』という言葉は重いんじゃないかと。
ちなみに『根性版』はスタッフが『新生と並行で死にそうだけど根性で開発するぜ!』と自らを鼓舞したところからきてるのであってプレイヤーに根性でクリアすることを強いるような出来だったという意味じゃない。

吉田体制がレガシープレイヤーにそれなりの評価を得ているからといっても†版で痛い目を見た人たちが新生で帰ってくるかはけっこう微妙な感触ではある。
私自身『新生ちゃんβやってたんだ?んじゃちょっと覗いて笑ってやるか』的に興味持たなければたぶんFF14=史上最悪のクソゲーのままだったでしょうし『面白くなる可能性』なんて期待してもどうせ苦笑いなんだろうなあぐらいにしか考えてなかったです。

長々と書きましたが要はそのぐらい†版で失望したって話です(´・ω・`)

新生FF14は面白いか?と聞かれたらβ3をプレイした範囲では『人による』としか言えないです。
ぶっちゃけ世間で言われてる通りWoWクローンであり近年の洋ゲーからおいしい部分をパクった作風になってますが『オリジナリティ』を重視した結果が†版だったというなら正直パクリの集大成でも面白ければ何ら不満はございません。
新生宣言から2年?根性版終結から半年強の全力製作期間で出来ることは限られます。
当然その短期間で出来るものなどたかが知れている、と思いつつβ2の世界に飛び込んだわけです。
だからこそ驚きました、よく言われているように新生とはいえこの作品は『FF14』です。
†版で序盤をプレイしていたから余計に世界が変わった感が強かった、こんなの出来るなら最初からやっとけよと。
うちで新生FF14について最初に書いた記事にあるとおりβ2をプレイしての感想は『これならまた金払って結果火傷したとしてもいいかな』と思える出来ではありました。
んでβ3に突入したときにβ2からまたあちこち変更やバランス取りがされてて、これなら†版のように正式版までに少しは直してくるよな→そんな事はなかったぜ、という展開にはならないかなと思えたのもデカいです。

Oβから覗いてみようと思っている人たちは期待し過ぎなければ『それなりに遊べる出来』になってます。
この作品からMMOに手を出す人たちもけっこういるという事を考えればちょっと説明不足かなと思える部分が多々あるのも事実ではあるのですが自分で情報検索出来る人なら問題ないでしょう。
Oβ=タダゲーだからこそ†版で痛い目見た人たちにはお試ししていただきたい気分です。
それで再度失望するかもしれないし、これならちょっと金払ってもいいかもと思えるかもしれない。
個人としての感想を書くならひとまずエンドコンテンツで失望するまで金払ってもいいなとは思いました。

†版がCβの時点で参加者から『アレはやべえ』と言われてた事を考えれば現状新生の感触は悪くないと思います。
当然のことながらFFという国産MMO最後のビッグタイトルである上に†版が散々で作り直しであり、スクエニ的にも後がない以上失敗して欲しい勢力が存在するのも確かなのでステマとネガキャンのぶつかり合いは今後国内のMMO界隈で見られない祭りになるのかなと考えるとけっこうワクワクします。

長々と書きましたが要はOβ早くしろよって話ですよ。

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

07/25のツイートまとめ

sasayuki33

RT @nyamo_g: ぐらろぐ。更新: 【β3】自己流使えるマクロまとめ/マウス・キーボード編 #FF14 http://t.co/zefAtkbWuq
07-25 16:50

プロフィール

ささゆき

Author:ささゆき
-艦隊これくしょん~艦これ~-
Server:ブルネイ泊地
-OS:Win7 64bit
-CPU:Core i7-2600K
-MEM:DDR3-1600 16GB
-VGA:GTX660OC
-SSD:
Game:PlextorM5S 256GB
OS:Intel335-240GB

※業者コメ対策でhttpは禁止ワードにしてます。

SNS

Twitter
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ検索
リンク
RSSフィード
CopyRight
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
:艦隊これくしょん-艦これ- Copyright (C)2013-2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
:FinalFantasyXIV
Copyright (C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
:TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.
Copyright ⓒ NHN Corp. All rights reserved.
:The Tower of AION
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
:Perfect World -完美世界-
2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
:RFonlineZ
1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.
2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
:三國志Online
2007 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /2007 KOEI Co., Ltd.  All rights reserved.
:RagnarokOnline
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ